社員インタビュー

子どもの頃から夢だったゲーム制作。
夢は終わらない

ゲームコンテンツ事業部 企画開発部 開発課

H . K さん

H . K さん

「トリアエズヤッテミル」という精神に惹かれて

子どもの頃からゲームが好きで、高校生のときにはゲームづくりを意識し、大学のゲーム学科へ進学。主にプログラミングなどを学んでいました。
弊社との出会いは、大学の企業説明会。ゲーム制作がしたいという強い思いはあったものの競争率が高く、ゲーム制作が無理ならIT関連にも幅を広げてみようと思っていたとき、弊社のフレーズを見かけました。「トリアエズヤッテミル」。そのときの自分の気持ちを見事なくらい言い当てられ、いろいろな事業を展開していることを知り、「この会社に入りたい」と思いました。
希望通りゲームコンテンツ事業部に配属となり、現在の業務はソーシャルゲームの運用と開発。自社コンテンツ『ヴァンパイア†ブラッド』のイベントやショップ開発、リリースしてお客さまに提供するところまでを担当しています。







チームワークに、コミュニケーションは必要不可欠



仕事をする上でいちばん意識しているのが、コミュニケーション。開発や運用において、わからないまま放置すると後のち自分に返ってきたり、周りに迷惑をかけてしまうこともあるので。あとは、どんなことにも手を抜かず、慎重に作業することですね。実は入社したての頃、データ更新のミスにより、あるゲームの報酬を規定以上配布してしまったことがあります。夜遅くの作業だったのでトラブルシュートに時間がかかり大変でした。翌日上司に謝りにいったところ、ミスをしたことはたいして叱られず、ミスをしたあとの処理方法を詳しく説明してもらいました。今でもミスの処理方法が間違っていると、ものすごく注意されます。やってしまったことは元には戻らず、ダメージを最小限にすることが重要。ミスを防ぐためにも、早期リカバリにもコミュニケーションは欠かせません。



目標は、新作ゲームのクレジットに名前が載ること

ゲーム制作の魅力は、ユーザー数や課金などが明確にわかること。当然、伸びているとうれしいです。あと、掲示板にユーザーがいろいろ書き込んでくれるので、制作意図どおりに楽しんでもらえているのが喜びですね。私自身ゲームが好きでこの業界に入り、遊ぶ楽しみとは違うつくる楽しみを実感できるのがやりがいになっています。
私はまだゲームを1からつくったことがありません。もちろん、ゲームづくりに関して学ばなければいけない技術や知識は山ほどあります。今後勉強して経験を積み、新しいゲームをつくり、クレジットに自分の名前が載るのが目標です。
また、ゲーム制作は毎日残業や休日出勤が多いと思われがちですが、基本的に弊社は土日休みで残業するのは繁忙期くらい。オフタイムの過ごし方ですか?もちろん、ゲームしています(笑)