社員インタビュー

お客さまの要望の先を読み、
付加価値のある提案を

ビジネスプロダクト事業部 ビジネスソリューション部 ビジネスソリューション開発課

S . E さん

S . E さん

入社後の研修で文系出身の不安を払拭

経済学部だったので金融系を志望していたのですが、なかなかうまくいかなくて。それでIT業界に切り替え、就活サイトでテンダを見つけて応募しました。畑違いという不安はあまりなく、なんとかなるだろうと楽天的に捉え、期待感のほうが大きかったですね。
入社後、約3カ月の技術研修があり、プログラミングやパソコンの成り立ちなどを習ったんですけど、つまずくことなく進めたので、問題なく仕事していけるんじゃないかと。未経験だったプログラミングもやってみると意外と理解できました。プログラム言語を書くことよりもフローを考えるほうが大事だと気付き、経済の統計学でもアルゴリズムやデータ処理をしていくという似たような部分があったので、思った以上にすんなり会得したのではないでしょうか。今の担当業務も不安なく続けられています。







上流から下流まで一貫した業務を一任



現在システムエンジニアとして、要件定義から基本設計、テストなど、基本的には上流から下流まですべて任されています。普通は、新卒は下流で経験を積み重ね、リーダーになって上流を担当するというパターンが多いようですが、弊社はそうではありません。私の場合、小さな案件が多いこともありますが、1人か2人ですべて一貫してやるケースが多いですね。そのほうが自分で全体を設計でき、コミュニケーションのミスがなく、納期も守れて合理的だと思います。
プレッシャーはありますし、課題に直面することも多いのですが、自分で調べたり、経験豊富な先輩たちに教えてもらうことで課題を解決。これらの経験が自分のチカラになると同時に社内外でのコミュニケーション能力がついたと思います。これが一番成長できた点ではないでしょうか。





お客さまに寄り添うSE兼営業で自分を活かしたい

お客さまの言葉だけで判断せず、ニーズの本質を見極めることが、この仕事では大切だと思います。お客さまの要望のその先まで見据えた提案を心がけています。そのためには、まずお客さまの立場に立ってみる。システムエンジニアではなく、一般ユーザーになって考えてみると解決すべき問題点が見えてくることもあります。
今後は、自分がリーダーとしてチームを率いていくのが目標ですが、さらにコンサルティング的に、もっとお客さまに寄り添った仕事ができればと考えています。たとえば、この課題をこうやって解決しませんかと、仕事を与えられてやるのではなく、仕事を自分からつくっていく。もともと営業志望だったこともあり、SE兼営業というような動きができればお客さまにも有益なうえ、自分の価値が出せると思うので、いつかはそういう存在になりたいですね。