社員インタビュー

自分の気持ちに正直に、
未経験でも進みたい方向へ挑戦

経営管理本部 マーケティング担当 スペシャリスト

M . M さん

M . M さん

ITサービスの可能性に惹かれ、未経験のIT業界へ

両親が接客業を営んでおり、学生時代に接客業のアルバイトをしていた経験から大学卒業後は百貨店に就職しました。
お客さまの満足や売り上げなどを意識する中で、直接来店されたお客さまだけに提案が限られてしまう部分にもどかしさを感じ、物理的な制約のないITの可能性に惹かれたのがIT業界へ転職した動機です。
ただ、当時はITに関する経験や専門的な知識はほぼなく、やりたいことが明確に決まっていなかったこともあり、IT企業の中でも自社プロダクトの開発販売や受託開発、ゲーム事業に至るまで幅広く事業を展開しているテンダに魅力を感じ、入社を決めました。
百貨店での経験から当初は、ビジネスプロダクト事業部の配属となり、入社後約5年間、自社製品のカスタマーサポートに従事していました。






社員のモチベーションを積極的に活かす社風




テンダには異動希望の申請制度があり、社員の挑戦したいという声に積極的に耳を傾けてくれます。
私はもともとマーケティングの仕事に興味があり、もっと上流からビジネス全体を俯瞰できるような業務に携わりたいと思っていました。そこで、カスタマーサポートの仕事をするかたわら、お客さまの声を形にする企画提案を積極的に行ったり、マーケティングについて学び資格を取得するとともに異動希望を申請。その行動を認めていただき、現在所属する経営管理本部マーケティング担当になりました。
各事業部のプロモーション支援やWebサイトのSEO(Search Engine Optimization” の略で検索エンジン最適化)対策、ユーザーインターフェイス(使い手と製品・サービスとの接点)の改善など、デジタルマーケティングに関する提案が現在の主な仕事です。また広報の役割も兼ねており、プレスリリースの配信、コーポレートサイトや会社案内などのコーポレートに関する運営管理も担当しています。



実績を積み重ね、会社の発展に貢献していく

マーケティングのやりがいは、ビジネスの仕組みづくり全体に貢献できることだと思います。お客さまにとって必要なタイミングで、いかにわかりやすく価値あるサービスを提供するかを考え、好結果が出たときはうれしいですね。とくにITの情報リテラシーが高まる中、テンダの強みを活かして仕掛けていくのは仕事の醍醐味ともいえるでしょう。
また、この業界は変化が激しいので、新しい情報やトレンドを知るための動きや自己学習はつねに必要であり、より専門的な知識や経験を積んでいきたいと考えています。マーケティングは提案して終わりではなく、実行し、PDCA(効率的な業務を行うための手法)を回して売り上げに貢献することが大切。今後の目標は、主力製品のプロモーションを一任してもらうことで、そのために1つひとつ実績を積み重ね成長していきたいと思います。