• 株式会社テンダ エンタープライズソリューショングループ エキスパート 滝澤克泰

    たくさんの人に喜んでもらえる製品を作り続けたいだからこれからも技術者でいたい

    社会人になって以来、ずっとシステム開発に携わってきました。テンダを選んだ理由は、パッケージ製品の開発ができるから。ちょうどTime Kreiの開発がスタートした時期に入社し、そのままメンバーに加わりました。設計から実装まで一通り担当していますが、当初は社内にノウハウがない状態だったので、私がすべて調査して、開発のルールを確立しました。知らないことを調べたり、考えたりするのが好きですし、当時はリッチインターネットアプリケーションが話題になり始めた頃だったので、そこに携われたことは糧になっていますね。

    これまでも技術畑一筋でしたが、今後もずっと技術者でいきたいです。会社にとっての貢献度も高いでしょうし、テンダを代表する技術者になりたいですね。

  • 開発グループリーダーとしてメンバー全員で作った製品でお客さまの笑顔が見られた瞬間が最高

    ソフトウェアの開発は、グループで築き上げていくものです。Time Krei開発チームではリーダーとして、メンバーに指示をする立場にあるのですが、メンバーには経験者も未経験者もいて、それぞれの経験値もスキルも異なります。自分では方法がわかっていることでも、それを知らないメンバーも含め、全員にいかにして伝え、共有するか、が難しかったですね。それに仕様通りに作るだけで、それぞれから工夫やアイデアが出てこないと、いいものはできません。未経験のメンバーに作ることのおもしろみを知ってもらい、どう集中して作業させるのか。みんなの興味を引き出し、仕事に取り組んでもらうことも悩みました。前職でもグループリーダーを務めていたのですが、機械ではなく、対人間は正解がないので、いつも試行錯誤ですね。

    でも一致団結して作ったソフトウェアが完成した時の喜びはひとしおです。そんなTime Kreiをお客さまが、我々が想定している以上に活用されているのを知ると「作ってよかった」とうれしく感じますね。

  • 滝澤さんの休日のすごし方は?

    自宅でプログラムを組んでいることが多いですね。趣味で覚えた技術は、会社にフィードバックしています。

    子どもの頃、なりたかった職業は?

    車や電機製品を作る技術者になりたかったです。昔からもの作りが好きで、子どもの頃はラジオなどを組み立てていました。

    テンダを志望する人にメッセージをください。

    自由に、自分の力を試せる環境がある会社です。言われた事をやるだけではなく、自分でやりたい事がある方や、やりたい事を見つけたい方には良い環境です。

    居酒屋で1杯目に注文するドリンクは?

    生ビールです。チームでの飲み会もたまにありますが、技術的な話をするのは野暮ですね。

戻る
進む