将来母になる立場として選んだのがテンダだった

岡崎
私がテンダに転職したのは、2011年の4月。東日本大震災がきっかけでした。 今、息子が7歳なので、何かあった時に歩いてでも帰れる距離の企業で働きたかったんですよね。
伊牟田
私はずっと舞台関係の活動を続けながらフリーターをしていました。 結婚や出産をしても働ける職場を、と2009年11月に入社しました。

子どもがいることがハンディキャップにならない

岡崎
テンダ入社の決め手になったのは、自宅からの距離に加えて、 採用情報媒体で”女性が働きやすい職場”として掲載されていた事も大きかったです。 トップページの写真に女性が多く写っていたこと、出産から6年後に復職して活躍する女性がいる記事があって。 子どもがいてもハンディキャップなく働けると思ったんですよね。

出産や育児への理解があるから妊娠を報告しやすかった

伊牟田
ママ友の話だと、出産や育児に対する理解のない会社だと、妊娠しても言い出しづらいし、 結局退職せざるを得ないということをよく聞きました。でも私の場合は、 妊娠を会社に報告しても、嫌な感じはされなかったですね。 それどころか、みなさん祝福してくれて、妊娠中は仕事を手伝ってくれました。

同僚が私の息子を心配してくれる

岡崎
社内の人たちの理解があるので転職組でも働きやすいですよね。残業していたら「早く帰った方がいいよ」って言ってくださる方ばかりで。 テンダに入社するタイミングで息子が小学校に入学したのですが、保育園以上に平日に用事があったり、 保育園と違ってちょっと熱があるだけで呼び出しがあるんです。 その場合も、早退や、平日でも休みやすいので助かります。

復職したママでも働きやすい

伊牟田
ある程度自由に仕事ができるのは、テンダの魅力ですね。妊娠前は営業で外回りをしていましたが、 復職したら、販売をサポートする部署に異動する予定です。ママでも働きやすいだけでなく、今後どう働きたいのか、 将来どうなりたいかを話したうえで、仕事ができるところはいいですね。

ママが働く環境が整っているので、しっかり仕事できる

岡崎
かなり会社に助けられているので、私もしっかり仕事をして還元していこうと思えます。 私が担当している「Dojo」の操作指導インストラクターは、製品を活用して長く使って貰えるようにお客様をサポートする事がミッション。 継続的にお客様に使って貰う為にどうすればいいのか、といつも考えています。

社員の妊婦の悩みを共有して不安を解消したい

伊牟田
現在テンダには、私を含め5人の産休、育休取得者がいるのですが、彼女達と集まってランチをすることがあります。 そういう時にママならではの悩みを、みんなに相談すると安心できるんですよね。 実際、子どもが欲しいって考えている後輩から相談を受けることもあります。 復職後は、そういった人たちが一人で悩みを抱えたままになるのではなくて、積極的にフォローしていきたいです。 幸い風通しがよく、コミュニケーションが密な会社なので、部署の垣根を越えて妊婦さんの気持ちを汲み取っていきたいですね。 それで子どもの手がかからない年になったら、また営業職に復帰したいなって思っています。

ママになっても仕事で実現したいことがある人はテンダに

伊牟田
テンダは働き続けたい女性には、いくらでも手をさしのべてくれる会社です。 ずっと仕事をしたい女性も安心して入社してほしいですね。
岡崎
役員でも、時にはプレイヤーで働いているのがテンダです。全員がそれぞれの立場を理解している人ばかりなので、 個人的なことも相談しやすい環境。自分の熱い思いを躊躇なく言えて、実現に向かって動いてくれる会社ですし、 仕事を楽しめる職場だと思いますので、ぜひ仲間に加わってください。